炊き方次第で違った食感を楽しめる玄米生活を始めよう

自然

種類と特徴

女性

日本人は昔からお米を主食として食べてきました。現代では、家庭や外食チェーンで食されているお米は白米が主流ですが、最近の健康ブームで玄米が注目されています。そもそも私達が良く食べている白米は、玄米を精米したものです。しかし、精米をすることによってお米に付いている栄養成分が失われてしまいます。逆に精米されていないままの玄米を食べることで、お米本来の栄養素を無駄にすることなく身体に吸収されます。

玄米にも種類があり、お米に付いている胚芽を完全に取り除かずに、8割りほど胚芽を残した状態の玄米を発芽玄米と呼びます。玄米さと比べると栄養素は落ちますが、白米と比べると栄養素がたくさんあるので、食べやく人気があります。玄米を初めて購入する人の中には、こういった発芽玄米を選ぶ人も多くいます。また、発芽玄米は白米と同じように炊飯器を使って炊くことが出来るので、それほど手間もかかりません。またはつが玄米は、普通の玄米と比べて柔らかくてもちもちとした食感を楽しめます発芽玄米は、昔かあるのもでは無く、最近から注目され始めたお米です。玄米が苦手な人でも発芽玄米なら食べられるという人もいます。また、発芽玄米は香ばしく、炊きたての香りに特徴があります。発芽玄米には、肝臓の病気や骨の病気、便秘、心臓病などに効果のある栄養成分が多く含まれています。さらに、自立神経失調症や更年期障害にも効果が期待されると言われています。